新聞発表

2018年

  • "多摩川電子、EMC試験向け光伝送システム シールド性能10倍超"
    日刊工業新聞 (2018年11月19日).
  • "青山学院大、初の産学連携イベント開催"
    日刊工業新聞 (2018年12月12日).

↑ 一番上に戻る

2017年

  • "びっくり!新技術 未来を探る 情報漏えい防ぐ素材 電波吸収体"
    東京新聞 (2017年5月15日).
  • "空港の電波環境再現 模型で検証 青山学院大が解析手法"
    日刊工業新聞 (2017年11月14日).

↑ 一番上に戻る

2016年

  • "厚さ10分の1 電波吸収体 柔軟で軽く施行容易 ETCなどに利用提案 青山学院大・東工大" 日刊工業新聞 (2016年8月26日).
  • "特定周波数の電波遮断 間仕切り壁 十字型金属テープ貼り付け 間隔・大きさで調整" 日刊工業新聞 (2016年9月22日).

↑ 一番上に戻る

2015年

  • "食品残渣利用フィルム 透過電化100万分の1に 柔軟性に優れ、貼り付け簡単 青山学院大・味の素"
    日刊工業新聞 (2015年2月6日).
  • "高周波アンテナ材銅箔 表面平滑化伝送損失半減 青山学院大・日化薬 出力2倍超にアップ 車載レーダー向け採用"
    日刊工業新聞 (2015年4月24日).
  • "高周波回路の伝送損失半減 日本化薬-青学大 銅張積層板を開発 樹脂層との密着性向上"
    化学工業日報 (2015年6月25日).
  • "理系女子FILE 女の子だって理系に行こう 今、理系女子が注目されているわけ"
    [大学入試最新情報マガジン]どうなる!2016年度大学入試, p.130 (2015-10).

↑ 一番上に戻る

2013年

  • "電波吸収体 少量で広範な周波数帯対応 原料に導電性ポリマー フィルム上で設計容易 青山学院大・出光"
    日刊工業新聞 (2013年1月9日).
  • "樹脂製電磁波シールド材 金属並み性能 出光・青山学院大 原料に液状導電性ポリマー 車・家電向け活用も"
    日刊工業新聞 (2013年11月12日).

↑ 一番上に戻る

2012年

  • "産廃から電波吸収体 高い設計自由度 青山学院大と味の素が新手法"
    日刊工業新聞 (2012年1月16日).
  • 「書窓」"『ファーブル昆虫記』に魅せられて 研究の姿勢、工学も同じ"
    日刊工業新聞 (2012年3月26日).
  • "理系女子呼び込め 進む少子化 脱・男の世界"
    日本経済新聞 (2012年7月19日).
  • "電波吸収体、重さ1/5 発泡樹脂2層 300度まで耐熱 I.S.Tが開発"
    日経産業新聞 (2012年11月16日).

↑ 一番上に戻る

2010年

  • "狙った電波だけ遮断 鉄筋コンクリート厚さ調整 高価シールド材不要 青山学院大と東急建設"
    日刊工業新聞 (2010年6月10日).
  • "特定の電磁波だけ遮へい 東急建設・青山学院大 かぶり厚で調整"
    建設工業新聞 (2010年6月15日).
  • "RC壁だけで特定電磁波遮蔽 東急建設、青学 新セキュリティー対策提案"
    建設通信新聞 (2010年6月15日).
  • "鉄筋コンクリ壁 特定電磁波を遮断 東急建・青学大が新手法"
    日経産業新聞 (2010年6月18日).

↑ 一番上に戻る

2009年

  • "ETC用電波吸収体開発 青山学院大学とGFP 複数レーン間 干渉事故防止"
    日刊工業新聞 (2009年1月16日).
  • "『キラリ研究開発』 第15回・電波洪水を防げ! ~生体・環境電磁工学とは~"
    日刊工業新聞 (2009年1月19日).
  • "『キラリ研究開発』 第16回・研究者が研究者をつくる ~環境電磁工学の大木~"
    日刊工業新聞 (2009年1月26日).
  • "青学大・大和製罐 容器シール部異常検知 テラヘルツ波技術で安価に"
    フジサンケイビジネスアイ (2009年7月8日).

↑ 一番上に戻る

2008年

  • "吸収体の発熱現象解明に一歩 電波暗室内の温度分析手法を確立"
    日刊工業新聞 (2008年5月19日).
  • "無線モジュール用ケース 電波吸収し性能安定化 青山学院大・ウイセラ セラミックスで製作"
    日刊工業新聞 (2008年10月29日).

↑ 一番上に戻る

2007年

  • "2ギガ-6ギガヘルツ電磁波を高精度測定 光電界センサー開発"
    日刊工業新聞 (2007年7月11日).
  • "軽くて安い電波吸収体 簡易なテント構造も"
    フジサンケイ ビジネスアイ (2007年7月18日).
  • "電磁波殺菌に円編波 食品温度ムラ2割減"
    フジサンケイ ビジネスアイ (2007年8月17日).
  • "多層CNTと樹脂の複合シート ギガヘルツ帯域の電波吸収"
    日刊工業新聞 (2007年9月4日).
  • "大和製罐、 電子レンジ加熱で新技術開発 マイクロ波に円偏波応用、温度ムラ抑制"
    缶詰情報 (2007年10月25日).

↑ 一番上に戻る

2006年

  • "コスト数十分の1,長寿命な電磁波吸収シートが登場"
    日経エレクトロニクス, 2006年1月16日号, p.34 (2006-1).
  • "クルマにかける産学官の成果 1
    セラミックス型電波吸収体 ETCの誤作動を防止" 日刊工業新聞 (2006年11月6日).

2005年

  • "広い周波数帯で電波計測"
    日本経済新聞 (2005年1月19日).
  • "セラミックスの電波吸収体 軽くて長持ち ETC向け"
    フジサンケイ ビジネスアイ (2005年4月12日).
  • "レーン間に電波吸収体 ETC用開発"
    フジサンケイ ビジネスアイ (2005年11月9日).
  • "電磁波99%吸収 ETCの誤作動防止"
    日刊工業新聞 (2005年11月9日).
  • "ETCレーン誤作動を防止 格子状の電波吸収体開発"
    日刊建設工業新聞 (2005年11月9日).
  • "電波吸収体を開発 高速道路ETC向け"
    化学工業日報 (2005年11月9日).
  • "酸化鉄で電波吸収体"
    日刊工業新聞 (2005年12月19日).

↑ 一番上に戻る

2004年

  • "ETC用電波吸収シート 重さ従来の1/3"
    日経産業新聞 (2004年9月22日).
  • "無線LAN対応建材開発"
    日刊工業新聞 (2004年11月11日).
  • "無線LAN通信環境が向上 電磁波吸収建材を共同開発"
    日刊建設産業新聞 (2004年11月11日).
  • "無線LAN環境を改善"
    日刊建設工業新聞 (2004年11月11日).
  • "石膏ボードに抵抗皮膜とアルミ箔 電磁波99%吸収"
    建設通信新聞 (2004年11月11日).
  • "反射波の99%を吸収"
    日経産業新聞 (2004年11月15日).

↑ 一番上に戻る

2003年

  • "電波吸収石膏ボード 基礎研究で性能確認 5.2GHz帯に有効"
    日刊建設工業新聞 (2003年3月12日).
  • "「電波吸収」石膏ボード 通常と変わらず施工可能 市場動向踏まえ商品化へ"
    日刊建設産業新聞 (2003年3月12日).
  • "電波吸収する石膏ボード 導電性印刷シートと組み合わせ 施工、耐火性維持"
    建設通信新聞 (2003年3月12日).
  • "石膏ボードで電波吸収"
    日刊工業新聞 (2003年3月13日).
  • "ゴムチップ、微小CF混合の弾性舗装財施工 道路面で電波を吸収"
    日本工業新聞 (2003年5月28日).
  • "建材で電波吸収 フジタ、青学大が無線LAN対応の壁材設計法"
    日本工業新聞 (2003年7月22日).
  • "乱反射を防ぐ電波吸収体"
    日経産業新聞 (2003年8月18日).
  • "30ギガヘルツ帯の広帯域電波吸収体"
    日本工業新聞 (2003年8月21日).
  • "通信速度40%アップ"
    日本工業新聞
  • "「MWE2003」に世界の最新情報 ベガテクノロジー"
    電波タイムズ (2003年11月26日).

↑ 一番上に戻る

2002年

  • "携帯電話電磁波 頭部の吸収量を減らし減量分を出力アップに"
    日本工業新聞 (2002年1月9日).

2001年

  • "加熱ムラ計算予測"
    朝日新聞 (2001年7月9日).
  • "電波吸収体厚さ半分に 無線LANの散乱波除去"
    日刊工業新聞 (2001年6月28日).
  • "身近になる電波吸収体 ノイズや障害をシャットアウト ETC・携帯で活躍"
    朝日新聞 (2001年7月9日).
  • "電波暗箱の信頼性アップ"
    日本工業新聞 (2001年7月11日).
  • "抵抗皮膜使い製造簡単 電波吸収ボード ETC向けに開発"
    日本工業新聞 (2001年7月30日).
  • "磁気損失材料の効果を測定"
    日本工業新聞 (2001年11月9日).

↑ 一番上に戻る

2000年

  • "周波数選択性ある電波吸収体 -青学大が試作-"
    日本工業新聞 (2000年2月18日).
  • "光る研究室2000 -電波吸収体 透明で窓ガラスにも張れる-"
    日本工業新聞 (2000年2月22日).
  • "光る研究室2000 -電子レンジへの適用 より高度な均一過熱に-"
    日本工業新聞 (2000年2月23日).
  • "光る研究室2000 -人体の防護 抵抗皮膜の吸収体に期待-"
    日本工業新聞 (2000年2月24日).
  • "光る研究室2000 -橋本 修教授 インタビュー 医学分野と連携し研究も-"
    日経産業新聞 (2000年2月25日).
  • "電波干渉、ゴムで抑制 -車載レーダー小型に-"
    日経産業新聞 (2000年5月17日).
  • "塗れる電波吸収材 青山学院大・横浜ゴム -ミリ波では初めて-"
    日経産業新聞 (2000年6月6日).
  • "青学大 電子レンジ加熱ムラ計算 -シャープとシミュレータ開発-"
    日本工業新聞 (2000年7月13日).
  • "電子レンジの窓を透明に -青学大とシャープ-"
    日本工業新聞 (2000年7月26日).
  • "東洋化学など 電磁波吸収テープ開発"
    日本工業新聞 (2000年9月5日).
  • "電磁波シールドテープ 新製品開発を強化"
    日刊工業新聞 (2000年9月5日).
  • "電磁波吸収で多機能"
    化学工業日報 (2000年9月5日).

↑ 一番上に戻る

1999年

  • "ITSの安全性アップ カーブ時のクルマに正しい情報 ミリ波の多重反射防止シート開発"
    日本工業新聞 (1999年1月22日).
  • "電波吸収体を開発 ~青学大と横浜ゴム~"
    日本工業新聞 (1999年2月16日).
  • "電子レンジ ドアの厚さ半分に ~青学大とシャープ 11ミリで電磁波遮蔽~"
    日本工業新聞 (1999年6月28日).
  • "壁紙で電波吸収 ~青学大と王子化工が開発~"
    日本工業新聞 (1999年7月7日).
  • "電波吸収シートの「異方性」を確認 -青学大と日東電工-"
    日本工業新聞 (1999年9月22日).
  • "-青学大とシャープ- 加熱効率算術技術を開発"
    日本工業新聞 (1999年10月22日).

↑ 一番上に戻る

1998年

  • "シュミレーションで解析~電子レンジ内の熱分布や電磁シールド~"
    日本工業新聞 (1998年5月29日).
  • "電磁波の乱反射・混入防止 透明ガラス材で ~王子トービ、青学大開発~"
    日経産業新聞 (1998年6月11日).

↑ 一番上に戻る

1997年

  • "壁・窓に張り付け不要な電波遮断、透明度高い吸収材料"
    日経産業新聞 (1997年9月5日).
  • "電磁波シールドエプロン、着方次第で逆効果、身体との距離により共振"
    日本工業新聞 (1997年11月5日).
  • "電波を吸収する透明ボード、1~3ギガ遮断用など、月内に試作・実証試験へ"
    日本工業新聞 (1997年11月20日).
  • "自動車衝突防止レーダー向け 誤動作をなくす電波吸収体開発"
    日本工業新聞 (1997年12月3日).

↑ 一番上に戻る

1995年

  • "電波吸収体、ミリ波向け開発、青学など、94GHzに対応"
    日経産業新聞 (1995年12月26日).

↑ 一番上に戻る